主婦道

ぼんやり主婦の奮闘日記

*

5分でできる!牛乳パックで手作りパッチンカエルの作り方

   

SPONSORED LINK

牛乳パック パッチンカエル

 

 

牛乳パックパッチンカエルを作ってみませんか?

5分以下で出来て、材料費はタダ!!!お子さんも自分で作れて大喜びですよ♪

そんな優秀手作りおもちゃの作り方をご紹介します!!

 

 

娘と一緒に児童館に行った時に置いてあった、牛乳パックのパッチンカエル

な、な、なつかしーーーーーー!!!

 

知ってますか?

牛乳パックに輪ゴムをかけて出来ているこのおもちゃ。

ぺたーんとひっくり返して地面に置くと、輪ゴムの引っ張る力で牛乳パックがぴょーんとジャンプ☆

その様子がカエルに似ているのでぴょんぴょんカエルや、パッチンカエルって呼ばれています♪

(説明わかりにくいですよね(;´∀`)すみません)

 

最初は遊び方がよくわからない様子だった娘も、仕組みがわかると自分で繰り返しぴょんぴょん遊ばせて楽しんでました☆

 

家に帰って、早速わたしも作ってみました。

材料費ゼロですぐに出来て、子どもが楽しんでくれるパッチンカエルの作り方を今回はご紹介します!

 

 

パッチンカエルの作り方

材料

・牛乳パック

・輪ゴム 1個

・はさみ

 

作り方

牛乳パックを一面だけ切り取ります。

縦の長さは適当に作りましたが、今回長さを測ったら14cmでした!

 

牛乳パック パッチンカエル

 

1を半分に折ります。

 

赤い部分4ヶ所に切り込みを入れます。

 

牛乳パック パッチンカエル

 

ここが輪ゴムを引っ掛けるところになります。なので、本当に少しの切り込みでOKですよ(*^_^*)

 

輪ゴムを3の切り込みに引っ掛けて、ばってんにしてから反対側の切り込みに引っ掛けます。

 

牛乳パック パッチンカエル

 

出来上がり~♪

 

なんとも、とんでもない簡単さですよねーーー!!!!笑

 

コレが基本の形なので、

この後に自分なりにシールやマスキングテープでデコレーションしたり、画用紙でカエルの形を作ったりして、
お子さんが喜ぶような形に仕上げてあげてくださいね♪

わたしは今回こんな感じで作ってみました。

牛乳パック パッチンカエル

 

もうほんとうに簡単に済ませてしまった・・・笑

 

遊び方は、

グイーンと伸ばして、反対側に折ってから・・・

手を離す!!!

 

牛乳パック パッチンカエル

 

輪ゴムの反動でゆっくり戻りながら、

ぴょーーーんと飛びますよ☆

(↑擬音の多用さよ・・・)

 

最初は牛乳パックが固くて、なかなか飛ばないかもしれませんが、

何回も飛ばしていくうちに柔らかくなって、飛びやすくなりますよ(*^_^*)

 

 

お子さんがハサミを使える年齢なら、一緒に作っても喜ぶと思います♪

遊びのネタに困ったときは、ぜひやってみてくださいね~(*^_^*)

 

以上、5分でできる!牛乳パックでパッチンカエルの作り方

の記事でした♪

 

 

 - 手作りアイテム&おもちゃ達

スポンサーリンク
 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事