こどもの日 由来 こいのぼり

 

こどもの日に飾る“こいのぼり

こいのぼりにはどんな由来があるのでしょうか?

どうして高いところに飾るの?

そんな由来とともに子どもに分かりやすい伝え方もご紹介します☆

 

 

5月5日はこどもの日。端午の節句ですね☆

保育園や幼稚園でも、カブトやこいのぼりを製作で作ってくるお子さんも多いのではないでしょうか?

 

それにしても、こどもの日にはなんでこいのぼりを飾るのかな?なんて思ったことはありませんか?

今回はこいのぼりに込められた願いなど、こいのぼりの由来についてご紹介します(^^♪

そして、子どもに分かりやすい伝え方案もお伝えしますね☆

 

こいのぼりの由来とは

「端午の節句」は奈良時代から行われている古い行事。

端午とは、“月のはじめの午の日”という意味で、午と五が一緒の音であることから5月5日が端午の節句となりました。

 

奈良・平安時代の端午の日は、災厄を避けるための行事が行われる重要な日。

江戸時代の中期になると、町民のアイデアで“こいのぼり”が生まれました。

 

中国に古くから伝わる登竜門の伝説になぞらえ、

竜門の滝を登り切るとコイが竜になるように、我が子も健康に育ち、将来は出世してほしい

との願いが込められています。

 

なんて面白い由来なのでしょうか!!

特に登竜門の伝説なんて、男の子が大好きそうなお話ですよね☆

日本の行事って、一つ一つにこういった願いがしっかり込められているので楽しいです(*^_^*)

 

 

子どもたちに話すときは・・・

 

こどもの日 由来 こいのぼり

 

子どもに説明するときは、簡潔に・わかりやすく伝えるようにすると、子どもたちも飽きずに聞いてくれると思います(*^_^*)

 

公園の池にいる“コイ”っていうお魚知ってるかな?

あのコイって実は、滝の上にも登ってっちゃうくらい元気いっぱいのお魚なんだって!

そんな元気なコイと同じように「○○くんがコイのように元気に育ってくれますように」という願いを込めて、こいのぼりを飾るんだよ。

「我が家に子どもが生まれました。どうぞ守ってください」っていう神様へのお祈りの意味もあるんだ。

 

だから、5月5日はこいのぼりを飾って、こいのぼりにありがとうを伝えようね。

 

こんな伝え方はどうでしょうか☆

4,5歳児などのお子さんには、上でご紹介した登竜門のお話をしてみても楽しんでくれると思いますよ(*^_^*)

一緒にこいのぼりの歌をうたうのも楽しく行事を知ることができるのでおすすめです!!

 

子どもたちは寓話やお話が大好き!!

わかりやすく行事を伝えて、家族みんなで行事をさらに楽しんでくださいね☆

 

 

【関連記事】

こどもの日の由来の記事はコチラ☆

カブトの由来の記事はコチラ☆

新聞紙で簡単にできる、カブトの折り方(動画)の記事はコチラ☆

 

 

以上、こどもの日の由来を知ろう!こいのぼりをあげるのはどうして?の記事でした!!

おすすめの記事