087015

 

毎朝ママ泣かせの子どもの髪の毛の絡まり。ほっとくと更に団子状態に・・・

ブラッシングの方法を少し変えるだけでこのストレスとサヨナラできますよ♪

 

 

柔らかくて細い子どもの髪の毛。朝起きるとそのかわいいふんわり髪の毛が絡まり、すごい状態になってしまうことありませんか?

 

うちの娘も、夜は大丈夫だったはずなのに朝起きると髪の毛が絡まりまくって、フェルト状になっています。

その都度ほぐしているのですが、ほぐし足りないと絡まった所に更にホコリやら何やらまで巻き込んで被害は拡大!!!

 

 

げーーー!!!

053993

 

しかも、本人も引っ張られちゃって痛いようでほぐさせてくれず・・・・。

ブラッシングしようとするも、超絶嫌がる・・・。

 

あぁ・・・これはハサミにお世話になるパターンですよね(泣)

 

 

娘が2歳になって、髪の毛が長くなってから毎日続くようになり、毎朝忙しい時のストレスになっていました。

 

 

しかし、そんなストレスを軽減するブラッシング方法があるそうですよー♪

 

 

 

 

絡まりにくいブラッシング方法

 

細か目のコームを使用します。

そしてとかすときは、根本からぐいっと力強く・・・・

 

 

してはいけません!!!!!!

ダメーーーーーぜったいーーーーー!!!!!

 

わたしめちゃくちゃしちゃってました(/_;)

 

この方法は頭皮や髪の根本も痛め、

絡まりも十分にとれないというめちゃくちゃ悪い例だったようです。

 

そりゃ痛がるはずだ~。

 
コームで髪の毛を少量とり(絡まっている髪なら尚更少量にしてくださいね)

先端から優しくとかしてあげましょう。

この時、髪の毛の中央部分を持ちながらとかすと、頭皮がひっぱられずに痛がりませんよ☆

 

絡まっている部分には、指でほぐしてからベビーオイルなどを含ませ、柔らかくしてから少量ずつ溶かしていきます。

 

 

絡まりがほぐれたら他の部分も全体にとかします☆

これでだいぶ痛くせずに絡まりはなくなったと思います!!!

 

そして夜寝るときにオイルなどで保湿してあげるとフェルト状に絡まることがぐんと減りますよ(*^_^*)

 

私も実践してみたところ、

最初はほぐしてブラッシングにとっても時間がかかりますが、何日も続けていくうちに髪の毛がしっとりしてきて、激しく絡まることがなくなったので

初日のようにブラッシングに時間はかからなくなりました!

 
あとはこれを毎朝。絡まってないように思う日も続けましょう。

 

・・・。

 

まぁここがちょっとめんどくさポイントですが(笑)
あとあとどうしようもないくらい絡まった時の事を考えると、断然楽ですよ☆

 

その他に、リンスを使用するとやっぱりツルツルの髪の毛になって絡まりにくくなります。

でも、子どもにリンスを使用することに抵抗があるなー。

という方は、子ども用リンスだと比較的安心かと思います。

 

髪の毛を絡まりにくくする専用のリンスもあるようなので、お困りの方は使ってみるのもいいかもしれません(*^_^*)

 

 

 

 

 

今回のブラッシングの仕方は子どもだけじゃなく、大人にもオススメですよ!!

 

 

頭皮を傷つけず、髪の毛自体をサラサラに保つ秘訣☆

産後、抜け毛やヘタリ毛にお悩みの方はぜひやってみてくださいね~♪

 

おすすめの記事