主婦道

ぼんやり主婦の奮闘日記

*

ひな人形はいつ飾るのがいいの?早くしまわないといけない理由は?2歳児への伝え方

      2015/08/06

SPONSORED LINK

 

ひな人形 いつ 飾る

 

3月3日のひな祭り。ひな人形いつ飾るのがいいのでしょうか。

そして早くしまわなくてはいけない理由とは?

その言い伝えについて、2歳児のお子さんにわかりやすい伝え方をご紹介します☆

 

 

娘が生まれて、初めてのお高い買い物は“ひな人形”でした。

当時はカタログを毎日眺めて、娘が無事健康に大きくなるようにと願いを込めながらひな人形を購入したものです。

 

3月3日のひな祭り。ひな人形はいつから飾るのが正解なのでしょうか?

そして、しまう日にちにもいわれがあるようですよ。

今回はその点について。また、2歳児さんにわかりやすい伝え方とともにご紹介していきます♪

 

 

ひな人形、いつ飾るの?

節分が終わった後だったらいつでもいいのですが、大安吉日が良いとされています。

そもそもひな人形は“子どもの災いが降りかからないように、何かあった時人形が身代わりになるように”とされています。

なので、お日柄がいい日を選ぶと縁起がいいですよ(*^_^*)

 

地域の風習によって異なる場合があるので自分の地域を調べてみるといいと思います♪

 

 

いつしまうの?その理由とは。

ひな人形をしまうのに良いとされている日にちは

“ひな祭りが終わったすぐ後の、天気が良い日”が良いとされています。

ひな人形は、理想の夫婦の形とされているので、

“しまい遅れる”ということは“婚期が遅れる”ということだからです。

 

・・・・・こ・・・・怖い・・・。

 

しかも、大分具体的に、

『ひな人形を1日しまい遅れるごとに1年婚期が遅れる』そうです。

ヒー!なんという!!!

 

私が働いていた保育園では、3月3日のひな祭りが終わった後、子どもがいなくなった後に遅番の先生がひな人形を片付けていました。

これはモタモタしている暇はないですね!!

 

そして天気がいい日という点については、ちゃんとした理由もあります。

それは“天気がいい日だと湿度が少ないため、人形に湿気がこもらない”ということです。

繊細な作りのひな人形。

次の年に出したら、カビが生えていた!!!!!なんて悲しすぎますもんね・・・。

カラッと晴れた日にしまえば、人形に湿気が付いていないので、ダンボールに入れても湿気がこもらないというわけです。

なので、万が一3月3日・4日が雨降りだった場合、個人的には少し遅れてしまっても晴れの日にしまうことをおすすめします。

(これを踏まえて自分がいいと思う日を選んでくださいね♪)

 

日本の行事は、たくさんの言い伝えやストーリーがあるのでとっても面白いですね(*^_^*)

しかも、ちゃんとした理由も隠されているので、納得しちゃいます!

 

しまうときにはひな人形の顔をガーゼで包み、傷がつかないように保護しましょう。

箱のなかにはひな人形用の防虫剤を入れて、カビが生えないように天袋などの高い位置に保管します。

慎重な扱いが必要になりますが、これで来年もきれいをキープできますよ!

 

 

雛人形を飾るとき・しまうときの子どもへの伝え方ポイント☆

・2歳児編

何に対しても好奇心旺盛な2歳児ちゃん。

きっと、きらびやかなお姫さまの姿に大興奮すると思います☆

 

しかし、乱暴に扱って壊してしまっては大変ですよね。そのことについてはしっかり約束してあげましょう。

ひな人形はとっても作りが繊細なこと、触ったり掴んだり動かしてしまったら壊れてしまうことを繰り返し伝え、

大事にしようね。触らないお約束だよ。と言います。

根気強く繰り返し伝えてあげると、『いつも遊んでるお人形とは違うものなんだ』ということを2歳児でも少しづつわかってくれますよ。

 

でも、新しいもの(しかもこんなにきれいな人形)どうしたって気になるのが子供心。

しかも、『触っちゃいけませんよ』と言われると更に触りたくなるのが人間の心理ですよね笑

 

もし、何度言い聞かせても触りたがったり乱暴にしてしまう時には、手の届かない位置に置いてあげましょう。

 

ママ友さんに聞いた話で素敵だなぁと思ったのが、

1歳児の娘ちゃんに、『お雛さまは、あなたに悪いことが起きないように守ってくれてるんだよ。ありがとうだね。』と伝え、

毎日娘ちゃんとともに『おひなさま、おはよう』『おひなさま、おやすみなさい』と言っていたそうです。

そのうちに娘ちゃん自ら挨拶をするようになったんだとか。

 

こんな習慣、素敵ですよね。

挨拶の習慣も身について、感謝の気持も芽生えるので、わたしも今年から可能な範囲でやってみたいなと思いました☆

しまうときも『ひな祭り終わっちゃったから、バイバイしようね。ありがとうだね。また次のひな祭りで会おうね』と声をかけながら片付けてあげてくださいね♪

 

 

女の子のお祭りであるひな祭り。

飾るとき、しまう時のポイントを押さえて、お子さんと楽しい行事を過ごしてください♪

 

以上、雛人形はいつ飾るのがいいの?早くしまわないといけない理由は?2歳児への伝え方の記事でした!

 

 - ひな祭り, 行事の由来

スポンサーリンク
 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

イースターの由来って?子どもと一緒に楽しむ方法

SPONSORED LINK     イースターって知ってま …

子どもに伝える日本行事の由来!十五夜ってこ~んな日☆

SPONSORED LINK 十五夜ってどういう由来があるんでしょうか?今年はい …

子どもに伝えたい世界の行事 ハロウィンの由来って?年齢別伝え方アイデア

SPONSORED LINK   最近、ますます浸透し、盛り上がってき …

敬老の日の由来を子どもに伝えよう☆保育園での伝え方案!

SPONSORED LINK     敬老の日の由来って知っ …

おせちの意味や由来がおもしろい!子どもにわかりやすく伝えるヒント☆

SPONSORED LINK   おせちの由来って知っていますか?一つ …

節分とはどんな行事?子どもへの伝え方アイデア

SPONSORED LINK   節分とはどんな行事なんでしょうか?子 …

七夕の由来を子どもに簡単に☆2歳児にも分かる七夕のお話!

SPONSORED LINK     七夕の由来を子どもに簡 …

七五三の由来やしきたり・式の流れをご紹介!

SPONSORED LINK   七五三ってどういう由来やしきたりがあ …

こどもの日の由来を知ろう!こいのぼりをあげるのはどうして?

SPONSORED LINK     こどもの日に飾る“こい …

節分の恵方巻きってどんな意味があるの?子どもと楽しく手作り恵方巻き☆

SPONSORED LINK 節分の行事食といえば、やっぱり恵方巻きですよね♪ …