主婦道

ぼんやり主婦の奮闘日記

*

子どもに伝えたい世界の行事 ハロウィンの由来って?年齢別伝え方アイデア

      2015/08/06

SPONSORED LINK

047528

 

最近、ますます浸透し、盛り上がってきているハロウィン。でもその由来ってどういうものなんでしょうか。

元保育士が、好評だった伝えかたや実践アイデアもお伝えします☆

10月31日はハロウィンですね♪

最近特にハロウィンパーティーが日本にも浸透してきたように思います!!

でも・・・そもそもハロウィンってどういうものなんでしょうか?

かぼちゃやおばけってどういう意味があるんでしょうか?

トリックオアトリートって何!?

 

今回は子どもと一緒に楽しむ方法をご紹介します☆

 

ハロウィンの始まりって?

古代のケルト民族たちの習わしが始まりのようです。

この民族では、年の終わりを10月31日とし、その夜を死者の祭りとしましていました。

この日の夜は死者の霊や魔女が家にやって来ると思われていたので、

自分の身を守るために仮面をかぶり、外を歩く幽霊に紛れるようにしていたそうです。

 

ジャック・オ・ランタンって知っていますか?

かぼちゃのランプのおばけです。

085612

 

ハロウィンと言えばコレってかんじですよね~!!

 

このジャック・オ・ランタンの由来も面白いんですよー。

 

昔アイルランドにジャックという酔っぱらいの悪人が居たそうです。

彼は死後、天国から追い出され地獄からも閉めだされた為に世界中を放浪することになりました。

この時にカブの中身をくりぬいて足元を照らすランプを作りました。

 

そのランプを持って、ジャックは今でも現世をさまよっているとされています。

 

いつしか、ジャックのもつランタンが死んだ人の魂のシンボルになりました。

これが時代とともにカブからかぼちゃに変化!!

 

 

 

 

え・・・結構本気で怖くありませんか!!!

 

 

 

 

トリックオアトリートってどういう意味?

ハロウィンの日にお菓子を持っている人に『トリック・オア・トリート!』と言うとお菓子がもらえるんですよね。

でも、ハロウィンとお菓子ってどういう関係があるんでしょうか??

 

トリックはいたずら

トリートはお菓子。

 

『お菓子をくれなきゃいたずらしちゃう』という意味になります。

そのまんまなんですね☆

 

仮装してやってきた子どもがお菓子をねだる・・・という行為の始まりは

昔、祭り用の食料を狙って歩いた農民の姿を、子どもが真似し始めたことがキッカケです。

そしてまた、“お菓子あげるから家の中に入らないでね!!”という魔除けの意味が込められています。

 

 

日本の(十五夜などの)行事の由来では“祖先に感謝を示す”としてのお供え物が一般的でしたが、

海外では“幽霊から身を守るように仮装する”“いたずらされないようお菓子をもたせる”など、

考えかたも少しづつ違うようで面白いですよねーーー!!

 

 

子どもへの伝え方アイデア

子どもにとっては“カワイイお洋服が着れる!!しかもお菓子もたくさんもらえる!!”

ということでテンションがぐい~んとあがるこの行事♪

でも、どういうふうに一緒に行事を楽しんだらいいんだろうと悩むこともありますよね!!

 

今回は私が保育士として働いていた時に好評だった方法を書いていこうと思います☆

良ければ参考にしてくださいねー(*^_^*)

 

 

2歳位のまだ小さい子供は“幽霊”“魔女”などのワードで怖がって、嫌がってしまうかもしれません。

せっかくの行事、苦手に思ってしまうのはもったいない!!

 

なので

『今日はハロウィンだからトリックオアトリートって言うとお菓子もらえるんだよ♪』と、合言葉を教えてあげてください。

聞いたことない魔法の呪文と、大好きなお菓子がもらえるということで興味マシマシだと思いますよ!!

 

かわいい子どもの好きな仮装をさせて、

バックをもたせ、パパかママに『トリック・オア・トリート』と言ったところで魔女の帽子を付けたママやパパが『ハッピーハロウィン♪』と言ってお菓子をあげる。

 

2歳児ごろだと、あげる・もらうのやりとりが楽しいと思うので、きっと大喜びだと思います♪

 

 

5歳など、少し大きくなると、結構怖いことにも興味津々になります。

その頃の子どもたちにはもう少し踏み込んだお話をしてあげるといいかもしれません。

先ほど書いたジャックの話をすると、『こわい~』なんていいながらも面白がってくれます!

 

ハロウィンの絵本や紙芝居もたくさんあると思うので、一緒に読んでみてもいいでしょう。

 

衣装は市販でもいいですが、新聞紙やビニール袋などの廃材を用意して自分で作らせてみても面白い作品ができるかもしれません!

自分で作った衣装やバックでトリック・オア・トリート!のやりとりを楽しみましょう♪

 

 

 

ハロウィンが日本にこんなにも浸透してきたのは“こわい!!!でもおもしろい!!!!そして華やか!!!”

この要素が大きいと思いんじゃないかなぁと今回思いました。

 

 

子どもたちにも上手に伝えて、家族みんなでハロウィン楽しみましょう♪

 

 - ハロウィン, 行事の由来

スポンサーリンク
 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

2歳児も楽しめるハロウィンあそび♪

SPONSORED LINK   子どもの年齢が小さいと、行事ってそん …

ハロウィンネイルを楽しもう☆大人かわいいアメコミ風ネイル

SPONSORED LINK   ハロウィンは指先もユニークに変身させ …

ハロウィンのネイルはセルフで簡単に♪大人ゴーストネイル!!

SPONSORED LINK     ハロウィンはネイルから …

クリスマスの由来を子供にわかりやすく伝えるには?2歳・5歳への伝え方案

SPONSORED LINK   クリスマスの由来ってどんなものなんで …

ハロウィンを手作りしよう!簡単びっくりお菓子入れバックの作り方

SPONSORED LINK   「トリック・オア・トリート!」 ハロ …

イースターの由来って?子どもと一緒に楽しむ方法

SPONSORED LINK     イースターって知ってま …

敬老の日の由来を子どもに伝えよう☆保育園での伝え方案!

SPONSORED LINK     敬老の日の由来って知っ …

こどもの日の由来って何!?保育園でも使える伝え方☆

SPONSORED LINK     5月5日の子どもの日に …

ダイソーの優秀ハロウィングッズ☆インテリアにマッチする蜘蛛の巣

SPONSORED LINK     ダイソーのハロウィンコ …

子どもに伝える日本行事の由来!十五夜ってこ~んな日☆

SPONSORED LINK 十五夜ってどういう由来があるんでしょうか?今年はい …