主婦道

ぼんやり主婦の奮闘日記

*

節分の恵方巻きってどんな意味があるの?子どもと楽しく手作り恵方巻き☆

      2015/08/06

SPONSORED LINK

恵方巻 意味 中身
節分の行事食といえば、やっぱり恵方巻きですよね♪
でも、恵方巻きってそもそもどんな意味があるのでしょうか?中身は何を入れればいいのでしょう。
今回は、子どもと一緒に作る方法とともにご紹介します!

 

早くも1月も中盤になり、子供向けの番組では、鬼のパンツや豆まきの歌が流れるようになってきました☆

2月に入ったらすぐに節分ですね♪

わたしも今から、娘がどんな反応するのか楽しみです。笑

(我が家ではお父さんが鬼に変身して、節分ごっこをする予定です。)

 

節分の時の行事食といえば、恵方巻き。

最近はコンビニにも色んなタイプの恵方巻きが発売されるので、それも楽しみですよね(*^_^*)

 

そんな恵方巻き。食べ方がとっても特殊ってしってましたか?

そして、恵方巻きの中身には何を入れればいいのでしょうか?

 

子どもと一緒に恵方巻きづくりのアイデアも紹介したいと思います。

 

恵方巻きってどういう意味があるの?その食べ方は?

恵方巻きの意味と食べ方

恵方とは、その年の一番よい方角という意味です。その方角に向かって巻きずしを一気に食べきるというのが恵方巻きのイベントです。

恵方巻きを食べるときに幾つかポイントがあります。

①恵方の方角に向く

②ゆっくり願い事を心のなかで唱える

③黙って恵方巻きを一本食べきる

 

この時に巻きずしを噛み切らないよう、一本まるごと食べきってください。

これ、結構きついです。子どもがいると特に喋ってしまう可能性大です。笑

無事に食べきると願いが叶うと言われています。

 

恵方巻きの中の具材は7種類となっていて、この7という数字は七福神からきています。

そして、のりで巻くことで“福を巻き込む”という、とても縁起の良い意味が込められています。

それに加えて、太巻きは鬼の金棒に似ていることから、邪気を払うとも言われています。

 

あの巻きずしには、縁起がいいものがたくさん詰まっていたのですね!!

 

恵方巻きを食べる方角は、毎年変わります。

今年の方角は“西南西”

コンパスで確認してみてくださいね♪

 

恵方巻 意味 中身

 

中身は何を入れるの?

恵方巻きに入れる中身は、7種類です。

しかし、中に入れるものは決まってはいません!

一般的には、きゅうり・うなぎ・桜でんぶ・伊達巻・かんぴょうなどとされていますが、

 

う・・・うなぎ・・・。

買えません・・・我が家・・・笑

 

コンビニで売ってる恵方巻きも、巻きずしだけでは無く、ロールケーキやサラダ巻きなど、ユニークなものもたくさん出ていますよね♪

気楽な気持ちで、家族のみんなが好きなモノをいれれば良いと思いますよ(*^_^*)

 

 

子どもと一緒に、レッツクッキング♪

3歳児くらいからなら、一緒に恵方巻きを作ってみるのも楽しいと思います☆

私が実際姪っ子と昔やった方法をご紹介します。

 

材料

・ラップ

・ご飯

・きゅうり

・チーズ

・ツナとマヨネーズと少しのしょうゆを混ぜたもの

・のり(手巻き寿司くらいの大きさにカットしたもの)

 

材料はお子さんの好きなものでOKです( ´∀`)

いかに具材でお子さんのテンションをあげるかの勝負だと思います。笑

7種類の具材だと、子どもが巻きづらいので、少なめの具材にしました☆

各具材をお皿に乗せて机に並べてあげてください。

 

作り方

①手をしっかり洗い、エプロンを付けてクッキングスタート♪

②適当な大きさにカットしたラップの上に、のりを置きます。

③その上にご飯を少し置き、スプーンで平にします。

④きゅうり・チーズ・ツナマヨを乗せます。

⑤ラップと一緒にくるーりと巻きます。

 

小さいお子さんは難しいと思いますので、二つ折りにしてもいいと思います。

おふとんみたいにぺったーん♪なんて言って教えてあげてください♪

(いま流行りの“おにぎらず”みたいで、より良いかもしれません(*^_^*))

 

出来上がり♪

 

これを作る時は、まず親御さんがお手本を1工程ずつ見せてあげてください!

きっと、楽しんで真似っ子してくれると思いますよ♪

 

食べるときは、

『これは恵方巻きって言って、向こうを見ながらおしゃべりしないで全部食べると、願いが叶うんだって!』『お母さんと、おしゃべりしないで食べきれるかやってみない?』

なんて言って、さりげなく恵方巻きの食べ方も教えてあげちゃいましょう☆

(小さい子の場合、のりが喉にひっついてしまう場合があるので、食べるときはよく見てあげてくださいね!)

 

一緒に作って、一緒に食べて。

節分をたくさん楽しんでくださいね♪

 

節分の由来についての記事はコチラ☆

 

以上、の記事でした!

 - 節分, 行事の由来

スポンサーリンク
 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

おせちの意味や由来がおもしろい!子どもにわかりやすく伝えるヒント☆

SPONSORED LINK   おせちの由来って知っていますか?一つ …

イースターの由来って?子どもと一緒に楽しむ方法

SPONSORED LINK     イースターって知ってま …

こどもの日の由来を知ろう!こいのぼりをあげるのはどうして?

SPONSORED LINK     こどもの日に飾る“こい …

七夕の由来を子どもに簡単に☆2歳児にも分かる七夕のお話!

SPONSORED LINK     七夕の由来を子どもに簡 …

こどもの日の由来って何!?保育園でも使える伝え方☆

SPONSORED LINK     5月5日の子どもの日に …

節分とはどんな行事?子どもへの伝え方アイデア

SPONSORED LINK   節分とはどんな行事なんでしょうか?子 …

敬老の日の由来を子どもに伝えよう☆保育園での伝え方案!

SPONSORED LINK     敬老の日の由来って知っ …

子どもに伝えたい世界の行事 ハロウィンの由来って?年齢別伝え方アイデア

SPONSORED LINK   最近、ますます浸透し、盛り上がってき …

節分用鬼のお面を手作りしちゃおう☆

SPONSORED LINK       節分で使 …

ひな人形はいつ飾るのがいいの?早くしまわないといけない理由は?2歳児への伝え方

SPONSORED LINK     3月3日のひな祭り。ひ …