主婦道

ぼんやり主婦の奮闘日記

*

子どもの遊び場☆ダンボールハウスを手作り♪作り方骨組み編!!

      2015/08/31

SPONSORED LINK

 

 

ダンボールハウス 作り方

 

子ども大喜び間違いなしのダンボールハウスを手作りしてみませんか?

完全に廃材だけで作ったので、完全無料でできちゃいました☆

今回はダンボールハウスの作り方をご紹介します!!

 

 

“子どもは仕切りがあると落ち着いて遊べる”ということを聞いたことがあります。

我が子を連れて児童館に行った時も、ダンボールハウスに入って遊ぶ子どもたちがたくさんいて、大人気でした☆

見た目もおしゃれで可愛い!!

こんなに喜んでくれるなら、家でも作ってみようかな・・と思いつき、児童館の方に作り方をざっくり聞いてみました!

 

そんな、ダンボールハウスの作り方をご紹介☆

今回は装飾する前の骨組み編です(*^_^*)

 

 

ダンボールハウスの作り方

材料

・ダンボール(とにかくたくさん!大きい物ほど良しです☆)

・カッター

・布ガムテープor透明幅広テープ

・木工用ボンド

 

作り方

作業にとりかかる前に、どのくらいの大きさにするか、どのような作りのものにするか、どこに置くかなど、完成図を考えておきましょう!

(ダンボールハウスで検索すると,いろんな方が作ったダンボールハウスが出てくるので、参考にされるといいかもです☆)

 

①土台となるダンボールの底をがっちり組み立てて、テープで固定する。

 

ダンボールハウス 作り方

 

子どもが入るほどの大きいものとなりますので、頑丈になるように意識しましょう!

遊んでいるうちにバラバラになってしまってはもったいないので(*^_^*)

 

②ダンボールをばらして、作りたい大きさにダンボールを広げる。

ダンボールハウス 作り方

 

説明が下手ですみません汗。今回は結構大きめにしたかったので、ダンボールの1面をカットして開き、底を伸ばしました!

そして、横の部分に再び別のダンボールをくっつけ、壁を作りました。

 

③ダンボールを重ねて、ボンド・ガムテープで固定!!

 

ダンボールハウス 作り方

 

 

ダンボール1枚だとどうしても弱くなってしまうので、もう一枚を重ねて補強します!

ボンドを薄く塗ってくっつけてから放置。乾いたら端をテープでガチっと固定しましょう!!

これを、4面全部に行います!!(屋根は付けず、吹き抜けハウスにしました)

 

これ、めっちゃ大変でした~!汗

でも、ここでの固定をしっかりやっておくと頑丈でびくともしないハウスになるので、がんばってくださいね(・ω<)

 

④全体が乾いたら、入り口をカッターで作ります。

 

ダンボールハウス 作り方

 

や、や、やっとできたーーーー!!!

でも、なんか犬小屋っぽ・・・・・ゴニョゴニョ・・・

 

ダンボール切ったところは子どもの小さい指を切ってしまうこともあるので、

カットした部分を透明テープで覆い、安全にしました。

お子さんが怪我しないように、万が一のためにやっておくことをおすすめします♪

 

 

ここまで、だいたい4時間くらいかかりました!!

ズボラ・簡単がこのブログの目標なのに・・・・汗

 

今回はここまでですが、これから出窓を作ったり、鏡をつけたり、壁紙を貼ったりしていきます!

また、他の記事でご紹介しますね♪

 

カッターを使う作業なので、是非お子さんがいない時やお昼寝中に作ってください☆

そして、怪我には十分気をつけて作ってみてくださいね~!!

 

 

海外の子供部屋によくおいてあるtipiってご存じですか?

その可愛さに悶絶した私・・・

あんな素敵なハウスを子どもに作ってあげたい!!

そう思ったものの、2歳の娘に作っても数分で壊されてしまうことは目に見えている!!!!!

 

ということで、今回は廃材でできるダンボールハウスにしてみました(*^_^*)

憧れのtipiは、もう少し大きくなったらにしようと思います笑

今は大きな犬小屋っぽい状態ですが、これから劇的ビフォー・アフターのように、ちょっといいかんじに変化していくので、またご紹介させてください!!

 

【関連記事】

ダンボールハウスの作り方Part2!出窓・補強編の記事はコチラ☆

 

以上、子どもの遊び場☆ダンボールハウスを手作り♪作り方骨組み編!!の記事でした!!

 - 手作りアイテム&おもちゃ達

スポンサーリンク
 

Comment

  1. つわぴ より:

    w

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事