主婦道

ぼんやり主婦の奮闘日記

*

子どもと楽しむ!かぐや姫の物語感想!!主題歌はおかあさんといっしょのあの歌手☆

   

 

かぐや姫の物語 感想

 

子どもと一緒に楽しめる映画。“かぐや姫の物語”は、生命に満ち溢れた素晴らしい作品でした。

映画の感想と共に、主題歌を歌う二階堂和美さんについてもご紹介。

※ネタバレありです!!

 

SPONSORED LINK

 

子どもと一緒に楽しめる映画は何でしょう。

アニメでも、大人も一緒に楽しめたら嬉しいですよね♪

今回はジブリ作品“かぐや姫の物語”を感想とともにご紹介。

 

主題歌を担当されている二階堂和美さんとはどのような方なのでしょうか。

以外な裏話とともにご紹介したいと思います☆

ネタバレありなので、注意してくださいね~!!!

 

“かぐや姫の物語”感想

かぐや姫の物語は、誰もが知る“竹取物語”を題材にしたもの。

題材どころか、そのままのストーリーです。

だから、結末もそのまま。

 

なのになのに、なんでこんなに感動するのでしょう。

なんでかぐや姫はこんなに生命にあふれていて、実在感があって、感情移入してしまうのでしょう。

 

学生の頃、教科書で読んだ竹取物語は、私にはぜんぜん感情移入できないSFストーリーのように感じていました。

 

なのに、この作品に出てくるかぐや姫は、生きているんです。

 

かぐや姫が絶望すると私もモヤモヤし、かぐや姫の心が一瞬でも開放された時は私もグッと熱いものがこみ上げました。

かぐや姫が赤ちゃんの時、泣いたり、笑ったり、歩いたり。

一つ一つの行動に、目尻を下げて見守るおじいさん。

歩き始めたかぐや姫を抱きながら涙を流す姿は、我が子の昔の姿を重ねて一緒に涙してしまいました。

 

なのに、かぐや姫を思ってしたおじいさんの行動が、かぐや姫をジリジリ精神的に追い詰めていく。

『あんな奴らと会うのはやめなさい』

『位の高い人と一緒になることが、この世の一番の喜びなんだ』

そんな間違った固定観念が、かぐや姫を傷つけ、悲しい別れのきっかけを作ってしまう。

 

これ、子育てしててこういうズレってありますよね。

親は子供の為を思ってしたことが、子どもの気持ちを知らずうちに殺している。

 

そんな、この世でも起こりうるすれ違いがとっても痛かったです。

 

帰りたくないと泣くかぐや姫。

月の世界は悲しみなんて何もない。悲しみどころか、何もない。

幸福しかない。

あんなに生きて、走っていたかぐや姫が、羽衣を身にまとった瞬間から目に何も映らなくなりました。

 

この世の中は、理不尽で、辛いことだってたくさんあるけど、

それでも生きるって素晴らしい。

喜びも悲しみも、この地に生きるものはみな彩りに満ちている。

なんて希望にあふれた言葉なんでしょうか。

 

だからこそ、そんな熱い気持ちすら言い終えられずに連れて行かれるラストは辛すぎました。

 

自然に溢れ、彩りに溢れ、たくさんの感情に溢れ、とてもきれいな曲があふれているこの作品は、

お子さんと一緒に見ても楽しめる作品です!!

おじいさんの声が地井武男さんというところも泣けます。

子育てしている親御さんは、おじいさんおばあさんに感情移入してしまうこと必須ですよ!!

 

本当に素晴らしい作品でした。おすすめです!

 

主題歌“いのちの記憶”は誰が歌っているの?

かぐや姫の物語といえば、最後の主題歌に救われますよね。

そんな主題歌は誰が歌っているのでしょうか。

 

主題歌の“いのちの記憶”を歌う歌手の名前は“二階堂和美さん”です。

あまり聞いたことない方も多いかもしれません。

二階堂さんはなんと、現役の僧侶さんなんですよー!

 

二階堂さんの声はとても透明感のある、優しい声ですよね。

 

以前、“くるり”というバンドのトリビュートアルバムで、“宿はなし”という曲のカバーを二階堂さんが歌っていたのですが、

ヴァイオリンと一緒にその歌声が混ざっていく様子や、優しい声、一変して強い声。そんな素晴らしい歌声についつい泣いてしまいました。

そんなこともあり、今回ジブリ映画の主題歌を二階堂和美さんが歌うと聞いて、とっても楽しみでした!!

 

映画の中で語られなかった想いとか、希望とか、救いが、全部この主題歌の中で語られているような気がします。

だからこその字幕つきエンディングだったんですね!!

 

実は、この二階堂和美さんという方。

小さいお子さんがいる親御さんには馴染み深い方っていうこと、知っていました?

Eテレで放送されている“おかあさんといっしょ”の

ショキショキチョンという歌、ご存じの方も多いのではないでしょうか。

 

髪の毛切るのはチクチクするけど、

出来上がると世界が変わったような明るさと爽やかさ!!

という“散髪応援歌”!!!(なんと!)

お姉さんお兄さんたちの踊りもとってもとっても楽しいんですよね☆

この歌を作詞作曲したのが二階堂和美さんなんです。

 

頭に残るゆる感とフレーズ。

子どもの番組って実は有名な音楽家が楽曲提供しているので、クオリティー高いんですよね☆

 

 

ちなみに、月の人が迎えに来るときに流れる曲も、子どもたちがいつも歌っている曲も、

作詞作曲 高畑勲監督だそうです。

ど・・・・・どれだけ才能があるんだーーーー!!!

 

 

子どもと一緒に見てもとっても楽しめるかぐや姫の物語。

こういういい作品にたくさん触れて、感受性を養いたいですね(*^_^*)

 

以上、子どもと楽しむ!かぐや姫の物語感想!!主題歌はおかあさんといっしょのあの歌手☆の記事でした!!

 

 - オススメ映画

スポンサーリンク
 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事